2014年06月10日

戦前ポスター 三ツ矢・金線

さて、暑い日がふえてきましたね。

暑くなってまいりますと炭酸飲料などが恋しくなるわけですが。
炭酸と言えばサイダー、サイダーと言えば三ツ矢。

というわけで、三ツ矢サイダーは今年でブランド生誕130周年だそうです。

三ツ矢サイダー
夏で水着でサイダーで

さて、このポスターの年代を知りたかったのですが、はっきりとした製作年が判りませんでした。
およその年代を推定する手がかりは「金線サイダー」と言う文字、ということになります。

金線サイダーは1899年(明32)横浜発祥のサイダーです。
製造していた金線飲料株式会社は、大正十四年に三ツ矢サイダーを作っていた日本麦酒鉱泉株式会社と合併して兄弟ブランドとなり、さらに昭和八年に大日本麦酒株式会社との合併により三ツ矢サイダーに統合されると言う経緯をもちます。

ですからこのようにポスターの中で三ツ矢と金線が並記されるのは、1925年(大正14)から1933年(昭和8)の九年間ほど、という事になりそうです。

正確な製作年をご存じの方は、教えて下さいませ。


金線サイダー
金線サイダー


大日本麦酒

1906年(明治39)から1949年(昭和24)まで存在した大日本麦酒は当時シェア約7割、アサヒもエビスもサッポロも、あとユニオンビール、サクラビール、カブトビールなども吸収しておりました。


三ツ矢サイダー

おめでとう130年
 



posted by nakaco at 20:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 昭和前半期
この記事へのコメント
あ、かわいいポスターですね。
三ツ矢サイダーって見事にコカ・コーラにやられてしまいましたけど
それまでは、サイダーって夏の風物詩みたいなものでした。

ラムネっていうのも有りましたね、ビンの中にビー玉入っているの。
あれも懐かしいですね、栓を開けるのは特殊器具みたいなの使ってました。

そういう日本の夏の名物がコカ・コーラで全部なくなっちゃったんですね。
そのコーラも海の向こうではペプシに駆逐されて、王者っぽいのは東アジアだけの現象だそうです。

この間久しぶりにサイダー飲んだら、懐かしい味でおいしかったです。
Posted by ガチ坊 at 2014年06月11日 08:13
>ガチ坊さん
こんばんわ

ときどき無性に飲みたくなる、あの透明な炭酸飲料

それが三ツ矢サイダー

というわけです。
今年の夏も、よく冷えたのを飲もうと思います。
Posted by NAKACO at 2014年06月11日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99451661

この記事へのトラックバック