2014年04月14日

続 細木原青起

2011年の5月に、当ブログに於いて細木原青起氏の記事を書きまして、その中で細木原氏の著作「日本漫画史」が青空文庫作業中と紹介しましたが、
その後青空文庫よりも先に国立国会図書館の近代デジタルライブラリーや、Googleブックスで無料閲覧できるようになっていましたのでお知らせしておきましょう。

日本漫画史
日本漫画史 細木原青起(1924)

近代デジタルライブラリー
Googleブックス(口絵カラー)

鳥羽僧正を起点として、日本史の中でのいわゆる漫画的な美術作品の経路を綴ってゆく、的な感じでしょうか、ちゃんと読んでないですけど。

 


近代デジタルライブラリーでもうひとつ、
「面白文庫」という少年少女向きの遊びやゲームを紹介する本の中に、付録として細木原氏の絵を使った「買物合せ」というのがありました。
これは昔のカードゲーム、「家族合わせ」と呼ばれるもので、以前三越の時にも「衣装合せ」というのをご紹介しましたね。

面白文庫
面白文庫 小学生全集編輯部 編(1927)

買物合せ 細木原青起画像クリックで拡大

買物合せの部分

買物合せの部分

買物合せの部分

さすがに漫画家たる細木原先生、家族合わせもキレイで面白いですね。

ライブラリーでは4分割になっていますがJPEG表示する事も出来ます。
100%で表示するととても大きくなりますので、細部を見たい人や、出力して実際に遊んでみたい人はいかがでしょう。

「買物合せ」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717315/149-152

 
posted by nakaco at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 昭和前半期
この記事へのコメント
う〜む、私の評価できないイラストの世界ですね。
漫画といいますか、風刺漫画の近藤日出造さんのようなタッチですね。
うまいも言えないし、下手ではないですし。

まいったm(__)m
Posted by ガチ坊 at 2014年04月15日 07:55
>ガチ坊さん
こんにちは
まいらないで (^_^)
細木原氏は一コマ時代の風刺漫画や挿し絵を描いていた人ですね。
近藤日出造氏の一世代前ぐらいの感じでしょうか。
絵はとても上手い、と思います。
Posted by NAKACO at 2014年04月15日 16:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93053275

この記事へのトラックバック