2014年04月01日

展覧会×2

婦人画報 大正16年1月号
婦人画報 大正16年1月号

婦人画報 大正15年11月号
婦人画報 大正15年11月号

カルピス 広告
カルピス 広告

さて、これらの絵はかつて当ブログに掲載しました武井武雄氏のお仕事です。

そんな武井武雄先生の展覧会が開催中なのでお知らせしておきましょう。

武井武雄生誕120年記念全国巡回展
武井武雄生誕120年記念全国巡回展

武井武雄の童画作品を中心に、刊本作品、版画作品などを一堂に紹介する全国規模の展覧会。ということです。

3/26-4/06 島屋日本橋店
4/23-5/05 島屋横浜店
5/08-5/19 島屋京都店
8/06-8/18 島屋大阪店
8/23-9/28 石川県小松市立宮本三郎美術館
最新情報などは、イルフ童画館のサイトでご確認ください。
http://www.ilf.jp/news/archives/000276.html


さらに、展覧会もうひとつ。

令女界 昭和9年10月号
令女界 昭和9年10月号

令女界 昭和11年11月号
令女界 昭和11年11月号

こちらは蕗谷虹児による令女界の表紙。

蕗谷虹児氏も戦前挿絵界には欠かせない一人ですね。

令女界 口絵
令女界 口絵

彩色も良いけど、線画もキレイなんだ。


郵政博物館開館記念特別展 - 少女たちの憧れ - 蕗谷虹児 展
郵政博物館開館記念特別展 - 少女たちの憧れ - 蕗谷虹児 展

大正・昭和にかけて少女雑誌の挿絵などで活躍した人気作家 蕗谷虹児の雑誌、絵本の原画や詩画集など、初期から晩年までの厳選した作品・資料を大きく4 つのテーマに分けて紹介。だそうです。

5月25日まで。
郵政博物館
http://www.postalmuseum.jp/event/2014/01/fukiyakoji.html

春は展覧会で、いかがでしょう。
 
posted by nakaco at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 昭和前半期
この記事へのコメント
蕗谷虹児さん、いいですねぇ。私も好きです。
この方の色感覚が柔くて、素敵で素晴らしいです。
資生堂の山名文雄氏も線画は流麗ですが、蕗谷さんの方が
体温感じますね、色っぽいところもあるし。

お顔とかの配置チョイズレの武井武雄氏もいいけどなぁ。
でもやはり日本女性は夢二に限らず美的でなきゃね。

今回も楽しませてもらいました。m(__)m
Posted by ガチ坊 at 2014年04月01日 09:05
>ガチ坊さん
こんにちは

Wikipediaによりますと、蕗谷虹児氏は夢二の紹介で挿絵の世界に入ったのだそうです。
そんな蕗谷氏の渡仏送別の記事を見て松本かつぢは画家を志したのだとか。
大正昭和の抒情画の系譜は、そんなふうに繋がっているのかもしれませんね。
現在なら林静一あたりが受け継いでいるのでしょうか。
さらに未来まで繋げていって欲しいものです。
Posted by NAKACO at 2014年04月01日 13:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92144490

この記事へのトラックバック