2011年12月12日

「えあ草紙」で作家気分

さて、以前当ブログで「青空文庫」の小説を、本を読むように縦書きで読めるアプリ「Aozora Bookshelf(現在は機能を拡張してDigiShelfというソフトになっています)」をご紹介しましたが、同じように「青空文庫」対応の縦読みビューア(リーダー)に「AIR草紙」というソフトがあります。

AIR草紙icon
「AIR草紙」

やはりAdobe AIRアプリで、とてもシンプル、且つ多機能な読みやすいビューアとなっております。

AIR草紙サンプル
「AIR草紙」表示サンプル

で、今回ご紹介するのは、この「AIR草紙」から派生いたしました「えあ草紙」というウェブ版「AIR草紙」サービスです。
ややこしいですか。
「AIR草紙」と「えあ草紙」があって「AIR」のほうがソフトウエアで「えあ」のほうがウェブサービスという事でいいかと思います。

 
どういうものかといいますと、この「えあ草紙」は、特にアプリケーションをインストールする必要は無く、現在見ているブラウザから、リンクされたテキストファイルを縦書き表示で読めてしまうというものです。
「青空文庫」はもちろん、「青空文庫」形式に準拠した物ならば自作のテキスト書類も同じように書籍のように読めてしまうわけで、たとえば自作の創作小説などをウェブで公開している人などは、このサービスを使うと、読者にとってはとても読みやすくなりますし、作者にとっても、なんだか本当に本を出版したような気分になれる、ということですね。
具体的にどんな感じなのか、例を作ってみましたよ。


「ワコちゃんおつかいにゆく」というお話です。

えあ草紙で読む←これをクリックすれば別ウィンドウで表示されます。(Adobe FlashPlayer 10.2以上が必要です)


さて、ちゃんと読めたでしょうか、あくまで作例ですから、内容を批評してはいけませんよ。

 
では方法を簡単に。

まずテキストファイルはエンコーディングShift_JIS、改行コードCR+LFにしておきます。
Windowsで作成されたものは通常そうなっているそうです。
Macな人はテキストエディタの設定や、新規保存時の指定などで変更できます。

ふりがなをふったり、画像を入れたりするのもとても簡単な記述で「えあ草紙」のサイトに各種注記の表示サンプルというのがあって参考になりますよ。

Screenshot
クリックで拡大

でそのサンプルの下に3つ入力欄があります。
一番上の「本のURL」というのは、出来たファイルのアップロード先。
txtファイルや、画像を入れるならtxtと画像をまとめて圧縮したzipファイルをアップロードした先のアドレスを入れます。
「本の題名」は縦書き表示された時に左上に出る小さな横書きのタイトル、なにも入れないとファイルのURLが出ます。
「ホームページ」はそのタイトルに貼れるリンクです。何も入れないとファイルをダウンロードします。

これらを記入してその下の「えあ草紙で読む」ボタンを押すとブラウザ別窓で縦書き表示してくれます。
その時のページURLがリンクとして使えるわけです。


「ワコちゃんおつかいにゆく」の場合は

h ttp://www.satokazzz.com/airzoshi/reader.php?

url=http%3A%2F%2Fnakaco.sakura.ne.jp%2Fsblo_files%2Fnakaco%2Ftext

%2Fwakochan.zip&title=%E3%83%AF%E3%82%B3%E3%81%A1%E3%82

%83%E3%82%93%E3%81%8A%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%84

%E3%81%AB%E3%82%86%E3%81%8F&home=

という事になります、結構長いです。
 
自分で見るだけなら、アプリの方の「AIR草紙」をインストールしておけば、直接ファイルを開いて読む事も出来ますよ。

いかがでしょうか「AIR草紙・えあ草紙」で、ちょっと作家気分、というのは。


「AIR草紙」Adobe AIRアプリ 要Adobe AIR 2.6以上
http://www.memememo.com/u/sato/f1892/
「えあ草紙 」ウェブ版AIR草紙サービス 要FlashPlayer 10.2以上
http://www.satokazzz.com/airzoshi/
「えあ草紙・青空図書館」えあ草紙を利用した青空文庫ライブラリー
http://www.satokazzz.com/books/


ところで、
ここまで紹介しておいてアレなんですけど、実は現在私が日常使用している古いMac(PPC)はFlashPlayer 10.2に対応していないので、「えあ草紙」見れないんですよ。
なんたること。
というわけで今回はWindowsXPによる検証で投稿しました。

そろそろなんとかしなければ。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51765808

この記事へのトラックバック