2011年09月07日

昭和2年の似顔絵

双六は時期外れですが、似顔絵が面白いという事でご紹介しますよ

映画俳優人気競走双六
クリックで拡大

これは昭和2年「キネマ」という映画雑誌の付録です
「映画俳優人気競争双六」という事なんですけど、なぜか松竹の城戸四郎や日活の池永浩久なんて人も入ってます

独特のタッチ
イイ感じで崩されている
俳優はともかく女優さんは怒ってこないか心配になりますけど

写真と並べてみました

栗島すみ子

栗島すみ子


八雲恵美子

八雲恵美子


梅村蓉子

梅村蓉子


柳さく子

柳さく子


森静子

森静子


昭和2年にこんな似顔絵を描いている人がいるのが嬉しかったので、この市村みのるという人を調べてみましたが、よく判りませんでした

あと右下の振り出しの所にいる人は誰なんでしょう

振り出し

下に何か書いてありますが読めません

読みにくい人名を書いておきます
坂妻の右上は森野五郎、下の侍は河部五郎
梅村蓉子の下の帽子はマキノ正博監督です
 
posted by nakaco at 11:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 昭和前半期
この記事へのコメント
こんにちは!のっとです。
なんだか特徴を捉えてる、独特な絵ですねぇ。
確かに怒られそうな感じは致しますけど(笑)
似顔絵はやっぱりどれだけ本人の特徴をとらえるかが重要だと思いますから、こういう絵を描ける方はスゴいなぁと思います。
見ていてユカイですね。
Posted by のっと at 2011年09月15日 05:57
>のっとさん
こんにちは
上手い人が描いた似顔絵は見てるだけで楽しいし、感心したり唸らされる事もありますね
この市村みのるという人は、上手いと下手が微妙に混ざってる感じで面白いと思いました
描く側としては、特徴を誇張するコツやパターンもあるのですが、やはり技術を試されたりもするので、私自身は苦手でしたね
Posted by NAKACO at 2011年09月15日 11:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47781836

この記事へのトラックバック