2011年08月24日

昭和11年の扇風機

今年の夏は、節電&猛暑、ということで
扇風機がよく売れたのだそうです
去年あたりまでは「退役家電」なんて言われていたんですが

本日は昭和11年の芝浦製作所のポスターを

芝浦電機扇

モデルは原節子16歳

この時原さんは冬物の赤い洋服を着ていたそうで、もっと涼しい感じにしたいと、撮影後紺地の水玉模様にエアブラシで修正したのだとか

洋服を修正したというより、このポスター全体が絵みたいですけども

おそらくこのポスター撮影時

芝浦電機扇02


この修正作業をしたのは熊田五郎という人で、山名文夫門下、戦前はレイアウトやグラフィックデザインの仕事で、名取洋之助や土門拳と組んで雑誌「NIPPON」を作った一人です
さらにこの修正彩色作業のような、細密な技術にも長けていて、戦後は熊田千佳慕(ちかぼ)という名で、細密画家、絵本画家としても活躍されます
花や昆虫を得意として、日本のプチファーブルなんて呼ばれていましたよ

2009年98歳で亡くなる直前まで、絵筆を取っておられたそうです

熊田千佳慕

写真は2008年 97歳の熊田千佳慕先生

ファーブル昆虫記の虫たち〈1〉 (KumadaChikabo’s World)
ファーブル昆虫記の虫たち〈1〉 (KumadaChikabo’s World)


関連記事:
続・昭和11年の扇風機
 

posted by nakaco at 10:13| Comment(7) | TrackBack(0) | 昭和前半期
この記事へのコメント
これ彩色写真なんですか(@_@。

戦前の「週刊朝日」とか映画雑誌などのカラーの表紙もたいがい女優さんの肖像ですが、
絵だと思っていましたが、あれも彩色だったんでしょうか。

この扇風機もレトロな感じがたまりませんね。
現代のものよりもずっとオシャレですね。

Posted by アネモネ at 2011年08月27日 16:11
>アネモネさん
こんばんわ

確かに原節子さんは絵に描いたような美人ですが、このポスターは全く絵ですね
でもベースとなっているのは本文にも出てくる名取洋之助という人が撮った写真だそうですよ

当時のポスターや雑誌表紙を見て絵だと思っていたものにも、写真を元に加筆彩色したようなものが案外多いのかも知れませんね
Posted by NAKACO at 2011年08月27日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47525771

この記事へのトラックバック