2011年04月27日

資料本6

美しいキモノ

さて、これは「美しいキモノ」昭和56年秋号
婦人画報社から出ている季刊雑誌です

30年も前の本になるとはビックリ
表紙の富司 純子さんは36歳です
いつ買ったか忘れましたが、15〜20年ほど前だろうと思います
古書店で50円でした

中身は着物ばっかり
この雑誌は、かなり大物の女優さんがモデルとして登場しているのが特徴でした
現在もそうなのでしょうか

この号では、登場順にならべますと、朝丘雪路、京マチ子、磯野洋子、叶和貴子、水野久美、香野百合子、久保菜穂子、仁和令子、馬淵晴子、鮎川いずみ、中原ひとみ、有馬稲子、野添ひとみ、新藤恵美、上村香子、生田悦子、松原智恵子、梶芽衣子、丘みつ子、三ツ矢歌子、坪内ミキ子、夏目雅子、長内美那子、いやすごいっすね敬称略

なぜこの雑誌を買ったかというと、着物の絵を描くときの参考にしようと思ったわけですね

着物を着ている人の絵を描く時に重要なのは、着物の構造を知っている事です

どのような形をしている物が、どのように身に付けられているのかを理解しておくと、人物を動かしても応用が利きます

着物を着た人のポーズ集のような本もあるのですが
この雑誌を買ったのは、着付けの様子などの写真も載っていたからなのでした
いやけして襦袢姿が見たかったわけではなく、あくまで着物の構造を知るためですてば


さて、そんな古い雑誌が何でもかんでも50円、とかで売っていた近所の古本屋さんもいつのまにか無くなってしまいましたが

古本屋といえば、恒例の四天王寺の古書市が開かれます

第9回春の大古本祭り

今年の春の部は4月28日(木)〜5月3日(火)の6日間
天気の良さそうな一日を選んで、今回もぶらぶらして来たいと思っております
 
posted by nakaco at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Illustrator
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44561692

この記事へのトラックバック