2010年12月09日

【簡単】ウサギを描きましょう

さて、12月ともなりますと何かと忙しい毎日となるのでしょうか
世間の人は

私などはここ数年、師走も新年も特にこれといった事もなく暮らしているのですが

それでも年賀状ぐらいは、毎年数枚出したりもらったりしております

年賀状といえば干支のイラスト、というわけで
今年はウサギの絵を描かねばなりません

ウサギの絵といいますと

鳥獣戯画

鳥獣戯画ですけれども
え、違いますか

私は世界の歴史上でこんな面白いウサギの絵はない、と思っているのですが
これが描かれたのが800年以上前、ということですから
まあ日本人はスゴイ、ってことでイイと思いますね

海外では
ピーター・ラビットや

ピーターラビット
なんか靴みたいの履いてるのねピーター

不思議の国のアリスに出てくるこの急いでる方

不思議の国のアリス
John Tennielによる初版挿し絵の影響下からは誰も抜け出せない

リトル・グレイ・ラビットというのもあります

リトルグレイラビット
クリスマスのお話でしょうか

イギリスの人はウサギ好きなのでしょうかね
食べたりするのに

いずれにせよ、ウサギの擬人化はあまり人間っぽくしない方がいいみたいですね


【年賀状の端にちょっと入れるためのウサギの描き方】

顔も体もポッテリさせます、いわゆる下ぶくれにするとウサギっぽいですよ

usagisan_01.jpg

耳はそんなに長くしなくても大丈夫
隙間を空けずにまっすぐ立てましょう

usagisan_02.jpg

目の間隔は広めで、下ぶくれの始まるあたりにクリッと

usagisan_03.jpg

ミッフィーさんの口は「X」ですが、実際のウサギさんは「Y」っぽいのです、実は鼻なんですけど

usagisan_04.jpg

にっこりしたりヒゲを付けたり耳をちょっとしたり
このへんはいらないといえばいらない

usagisan_05.jpg

体が下ぶくれなのは太っているのではなく、後足が発達しているため
顔の形と同じでもかまいません

usagisan_06.jpg

前足は小さく、上半身を小さめに見せる感じで

usagisan_07.jpg

メインではなく、あくまでサブ要素として、簡単に描きました感をただよわせましょう


ちなみに私の来年の年賀状絵はもっと簡単になる予定

追記 12月10日
表情を付けたいときも
できるだけ簡単にね

usagisan_09.jpg

関連記事:
簡単か?龍を描きましょう
簡単、ヘビ(巳)を描きますか?
簡単なの?馬を描きましょう
 
posted by nakaco at 10:38| Comment(2) | TrackBack(0) | Illustrator
この記事へのコメント
友達に簡単な手紙を書くときに使わせてもらいました(*^^*)ウサギさんが描きやすくて可愛かったので良かったです!
Posted by たーけ at 2012年07月08日 17:30
>たーけさん
こんにちは
コメントありがとうございます。
お役に立ってなによりです。(´∀`)
Posted by NAKACO at 2012年07月08日 18:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42024330

この記事へのトラックバック