2010年03月18日

街の人気者

そして流行歌の続き

「街の人気者」は中野忠晴とコロムビアリズムボーイズが昭和9年10月に発表した歌です
この年の1月に中野は「山の人気者」を出して大ヒットさせ、7月に「海の人気者」というのを出していますから、人気者シリーズ第3弾ということでしょうか、この後12月に「港の人気者」というのも出ています

中野忠晴
中野忠晴

内容は、大学生達が楽しそうに遊びほうけている、勉強もそこそこに、でも学生さんは街の人気者
と言ったような歌です
〜水泳、キャンプ、ベースボールは好き、スキーはモチ、スケートも好き〜
こんな歌です
〜ジョッキ、ウイスキー、シネマは好き、ムスメはモチ、ダンスも好き〜
そんな歌です
〜銀座、神田、新宿外苑、おいらの街、ランランララランラン〜
ほがらかです

作詞は中野忠晴自身
当人も武蔵野音楽学校の学生時代もありましたし、プロになっての早い時期に早稲田や慶応義塾の校歌や応援歌を吹き込んでいます
彼もまたこの歌のような軟派な学生だったのでしょうか、わかりませんけど

慶応義塾大学応援歌
慶応義塾応援歌(昭和7) 作奏 東京フロリダダンスホール、巴里ムーランルージュ楽員、なんて書いてあります

作曲は前回も書きましたが、ドイツの歌
Werner Richard Heymannという人の作で、1931年に制作されましたBomben auf Monte Carlo(邦題『狂乱のモンテカルロ』)という映画の中で歌われたDas ist die Liebe der Matrosen(水夫の恋)という曲です

Bomben auf Monte Carlo 1931
Bomben auf Monte Carlo (1931)

日本で公開されたのが昭和9年(1934)1月らしいのですが、その3月に奥田良三の「これぞマドロスの恋」が発売されておおいに流行したそうな
「街の人気者」はその年の10月、という順番です

奥田良三
奥田良三 生真面目な風貌 歌唱も見た目通りキッチリしてます

「これぞマドロスの恋」の方は、正調といいますか、正しく原曲を翻案してる感じですが
「街の人気者」の方は、何だかずいぶん変わっています
本来歌詞が乗っているメロディーの所が前奏になっていたり、もともと前奏や間奏のリズムの部分に逆に歌詞を当てたり、間奏に各大学の応援歌をアレンジして入れたり、結構思い切って加工されていて面白いです


さて今回はそんなマドロスの恋の原曲を聴きますか
久々にYouTubeを借りました

クラシック界のエンターティナーと呼ばれるアンドレ・リュウが昨年ドイツのハイデルベルクで行った野外コンサートの模様です
歌っているのはベルリン・コメディアン・ハーモニストという人達
美しい街並とお客さんもノリノリで、とても楽しそうなコンサートです



Andre Rieu & Berlin Comedian Harmonists - Das ist die Liebe der Martrosen 2009 
posted by nakaco at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 本家サイト関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36491196

この記事へのトラックバック