2010年03月10日

絵本昭和の流行歌

今月は何かと身辺雑事が多くて更新もままならぬというような事なのですが
こんな時には流行歌の話でも

本家サイト「絵本昭和の流行歌」で絵を描きたかった歌、描けなかった歌、これから描くかもしれない歌

お菓子と娘 荻野綾子(昭和3)
わたしこのごろ変なのよ 四屋文子(昭和6)
上海リル 唄川幸子(昭和9)
街の人気者 中野忠晴(昭和9)
真赤な封筒 灰田勝彦(昭和12)
タバコ屋の娘 岸井明、平井英子(昭和12)
お使いは自転車に乗って 轟由起子(昭和18)
グッド・バイ 藤山一郎、池真理子(昭和24)
東京シューシャインボーイ 暁テル子(昭和26)
夜空の笛 守屋浩(昭和34)

他にもありますが、思いついたものを10曲ほど年代順に

「絵本昭和の流行歌」はだいたい昭和30年代のEP盤ステレオ化以前ぐらいまでを範囲と考えているので、夜空の笛あたりがギリギリだと思います

せっかくだから歌詞も紹介して、どんな歌か知ってもらって絵を見てもらいたいと思うので、ネット上で簡単に歌詞がさがせるものを選んでしまうことになりますと、当時大ヒット、現在も歌い継がれている曲になってしまいがちです
上にあげた曲でいえば「街の人気者」と、「グッド・バイ」の2曲は歌詞が見つかりませんでした

「街の人気者」は中野自身の作詞で、東京の大学生達を歌った明るく楽しく暢気な歌
原曲は奥田良三でおなじみの「これぞマドロスの恋」(この歌も好き)と同じドイツの歌らしいのですが、ぜんぜん違う感じでこちらはすっかり中野ジャズ

「グッド・バイ」は太宰治の遺作の映画化の主題歌で
映画は高峰秀子がかわいいコミカルタッチですが、曲の方は藤浦洸の詩を美しい服部良一の旋律に乗せて藤山、池の両人がロマンチックに歌い上げております

主題歌といえば「お使いは自転車に乗って」は昔の自転車やいろんな商店の資料まで集めたのですが、映画を見てから描こうと思ったまま、今だに見れておりませんので描けておりませんかったり

というわけで、いずれ時間と気力が整いましたなれば、これらの歌の絵も描いてみたいな、と思っておるのですが、
さてだうなりますやら


夜空の笛
僕は泣いちっち/夜空の笛 モノラル盤

グッド・バイ
女性操縦法 “グッドバイ”より 新東宝 昭和24年

ハナ子さん
ハナ子さん 日本映画傑作全集
posted by nakaco at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 本家サイト関連
この記事へのコメント
NAKACOさん、こんばんは

どの曲も興味深いですね、楽しみにしてますよ。

主題歌といえばNAKACOさんは「フットライト・パレード」はご覧になりましたか?
私、ストーリーはほとんど忘れてしまいましたが、レヴュー「上海リル」の場面はやはり印象的でした。
ところで歌詞ですが「上海リル」はたくさんの人が吹き込んでいて歌詞もそれぞれ違いますよね。

オリジナルに近いというか、訳詞なのはやはり唄川幸子のでしょうね。

私はどちらかと言えば江戸川蘭子の歌詞が好きですが、歌は川畑文子のが好きです。

Posted by アネモネ at 2010年03月12日 22:02
>アネモネさん
おはようございます

「フットライト・パレード」というのは、あのアメリカのミュージカル映画ですね
女の人が山盛りになってるやつ
そんなシーンを「That's Entertainment!」で見たような気がしますが全編は見ていないです

上海リルで唄川盤を選んだのは、まあこれを最初に聴いたからなんですけど
この曲はリルを探している歌という印象があって
絵を描こうと思った時もリル主体ではなく、リルの影を追って上海の街をさまよう男の後姿、みたいなイメージでした

歌はたしかに川畑文子さんが巧いというか艶がありますね
Posted by NAKACO at 2010年03月13日 10:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36219065

この記事へのトラックバック