2016年01月10日

ようこそ日本へ展

「ようこそ日本へ - 1920-30年代のツーリズムとデザイン」

という展覧会が東京国立近代美術館で行われています。(2016年1月9日〜2月28日)


ようこそ日本へ


1920〜30年代に作られた海外に向けての観光誘致用の広告展ですね。


ここ数年、日本を訪れる外国人観光客がふえているそうですが、外国からの観光客誘致キャンペーンなどはすでに昭和前半期にも行われていたそうです。



日本政府が国際観光局を作ったのが1930年、美しい日本をアピールしました。


Beautiful Lapan

Beautiful Japan 鉄道省 1930年


観光の東京

観光の東京 東京市 1935年


当時は船旅が主流ですね、日本郵船などの船会社のポスターは1910年代からたくさん作られています。


日本郵船

日本郵船株式会社 1914年


大阪商船

大阪商船株式会社 1916年


当ブログでもお馴染みの、杉浦非水や橋口五葉、町田隆要などの実物が見れますね。


「ようこそ日本へ - 1920-30年代のツーリズムとデザイン」

東京国立近代美術館 ギャラリー4(2F)

2016年1月9日〜2月28日

http://www.momat.go.jp/am/exhibition/visit_japan/


posted by nakaco at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和前半期
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171660865

この記事へのトラックバック