2015年11月26日

Setsuko Hara 1936

原節子 1936
アサヒグラフ 昭和11年4月1日

posted by nakaco at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
おひさしぶりです、原節子さん・・・いつかはこうなるのですが残念です。
週末には何本も戦前の出演映画を見て哀悼の意を表しました。

戦後の「青い山脈」や「安城家の舞踏会」もいいのですが、煌めくような美しさが映える「新しい土」(伊丹万作)や「河内山宗俊」(山中貞雄)はホントにびっくりするような美しさです。

一番美しい十代を戦争映画に駆りだされたりして、残念なことです。

同じく戦前映画で「蛇姫さま」(衣笠貞之助)という東宝映画が有るのです、入江たか子さんの急病で原さんが急遽主演だったのですが、後編に入江さんが復帰して前編も撮り直しして、原さんの出演部分はなくなったようです。

フィルムは無くなっているので、もう見ることはできませんけど、きっと綺麗だったでしょうね。あぁ・・きりがない。
Posted by ガチ坊 at 2015年12月01日 17:16
>ガチ坊さん
こんばんわ、お久しぶりです。

最近はめっきりブログ更新がおろそかなのですが、こういう出来事で更新を稼ぐのは複雑です。
当ブログでは何度も画像を貼らせていただいた原さんですが、戦前からの女優さんの中でも特別な存在でしたね。

実は気取らないさっぱりした人柄だったという話をよく聞きます。
戦後の成瀬巳喜男の「驟雨」とか、実像に近かったのかもしれないですね。
Posted by NAKACO at 2015年12月02日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168550650

この記事へのトラックバック