2014年08月02日

海水浴への誘い

暑いですね。

というわけで、今回の戦前ポスターは海水浴特集。


甲子園、香櫨園 海水浴場
甲子園 香櫨園 海水浴場 阪神電車(1940)

海水浴は阪和浜寺へ
海水浴は阪和浜寺へ 阪和電鉄

水泳はびわ湖へ
水泳はびわ湖へ 京阪電車 太湖汽船(1938)

夏の三保
夏の三保 名古屋鉄道局

富田浜へ
富田浜へ(1936)


阪和浜寺の阪和電鉄は現在のJR阪和線。
この会社が存在したのは1926年から1940年。

夏の三保の名古屋鉄道局は元鉄道管理局、鉄道局という名の機関が存在したのは1920年から1950年まで。

最後の「富田浜へ」は絵葉書ですね。
三重県四日市市にある富田浜(とみだはま)という海水浴場へのお誘いです。


そんなわけで、
海にいく予定のある人は楽しんできて下さいね。

posted by nakaco at 02:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 昭和前半期
この記事へのコメント
そろそろかな、と思って張っていました(*^^)v

海水浴のポスター、私好みはロシアンアバンギャルドな「びわ湖」と
ハガキの富田浜。

ブルーと白の踏み台が印象的です。
このころのグラフィックデザインは、ホントに憧れますね。
Posted by ガチ坊 at 2014年08月03日 10:56
>ガチ坊さん
こんにちは。

お気に入りの「びわ湖」の作者は、今竹七郎という人で、日本のモダンデザインの父と呼ばれているそうです。
メンソレータムの看護婦さんとか、南海ホークスのマークとか作った人だそうですよ。
富田浜の方は、きれいなデザインなのですが、作者はわかりませんでした。
こちらの元画像はボストン美術館のものですが、そちらでもArtist Unknown, Japaneseとなっています。
Posted by NAKACO at 2014年08月04日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102086541

この記事へのトラックバック